ヒプノバーシング福岡
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒプノバーシング(催眠出産)in福岡〜出産は本来痛くない〜

2月の福岡グループクラス主催者による期間限定ブログ

普通の初産〜ポジティブ痛がり女の場合〜

私の性格は、基本的にポジティブで、物事を悪い方には考えません。先のことに対する不安や恐怖はあまり感じません。でも、いざ痛い思いをすると、人一倍痛がります。嫌がります。怒ります。

出産の場面でも、そのままの性格が出てました。


妊娠がわかってから一度も出産に対する恐怖を感じたことはありません。育児に対する不安は、少しはあったと思います。でも出産に対する不安は全くありませんでした。

出産シーンを想像してと言われれば、汗だくで叫びながら…みたいな想像にはなるんですが、でもそれって普通でしょ?みんなその痛みに耐えて出産するんでしょ?私だけ耐えられないなんて考えられないよね。耐えられなくて産めないなんて、ありえないよね。バンジージャンプとかなら、怖くて飛べないとかあるでしょうけど。出産が、痛くて産めないなんて状況が想像できないから、そうなったらどうしようなんていう不安が湧くはずもありませんでした。


いざ、その時が来たのは、予定日の1週間前。

夜11時過ぎ、夫におやすみを言った後のベッドの中。なんだか生理痛のようなお腹の痛み。痛くなったり治まったり。間隔を測ると5分おき。陣痛が10分間隔になったら病院に電話してって言われてたなぁ。

電話すると、「それが1時間続いたら電話して」って、もう5分間隔なのに大丈夫?ここで産まれたらどうするの?

夫は余裕。「それ本当に陣痛?」

その1週間前に、破水かと思って病院に行って、違ってたから、完全にオオカミ少年にされてる。

で、1時間続いたから電話して病院へ。夫は一旦帰宅。

だんだん痛みが強くなってきて、耐えがたくなってきた。なのに看護師さんは時々様子を見にくるだけで、基本は独り。

ちょっとこんなに痛いのに独りにしていいの?出てきたらどうするよ?そんな気持ちでナースコール。

ナース「どうしました?」

私「痛い」

様子を見にきてくれて、「そろそろ旦那さん呼んでいいよ」

夫が到着する頃には、陣痛に対する怒りが湧いていました。もういいやろ(♯`∧´)いい加減にしろよ‼︎


付き添う夫も大変だったでしょうね。怒り、叫び、泣き、微笑む私の手を握り、呼吸をサポートしてくれました。

力を入れていいのは最後の最後だけで、あとはずっと力を抜いてないといけないんですよね。でも、あまりの痛さに力が入るんです。

「今よ」の合図で力を入れたら、一瞬で娘が出てきました。

夫が泣いてました。

そして私は夫に、こんなことを言いました。

「私の闘いっぷりどうだった?」




闘いじゃないんでしょうね、本当は。

私と夫と赤ちゃんの、穏やかな旅なんでしょうね。

ヒプノバーシングで、本来の穏やかな出産ができるのが楽しみです。



ヒプノバーシング福岡グループクラス

日時:2/11(祝)10:00-18:30(ランチ休憩1.5h)

       2/12  (日)9:00-18:00(ランチ休憩1.5h)

場所:スタジオイアン

      福岡市中央区警固2-12-27

料金:¥48,000/1カップル

定員:6カップル

       お一人でも参加できます。


お申込み&お問合せ 

y38463846@yahoo.co.jp


最高に幸せな出産体験を*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

http://hypnodocoro.luna.weblife.me/about_hb.html